人物

shungo.(作詞家)の経歴が凄い!DAPUNPやw-inds.も

DA PUNPの「U.S.A」は今や誰もが知る名曲!!となっていますね!

その「U.S.A」の作詞を手掛けた「shungo.(シュンゴ)」さんに注目が集まっています。

J-POPからアニソンまでカバーするという、守備範囲も広いことながら言葉選びのセンスが今の時代に合っているとして、数多くのアーティストから求められているそう。

そんな作詞家の shungo. さんの経歴を調べてみるとまぁぁ色々凄い!!

経歴と合わせてプロフィールも調べてみたので参考になれば幸いです。

shungo.(シュンゴ)プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

shungo.さん(@shungo.lyricist)がシェアした投稿

名前:shungo.(シュンゴ)

本名:マキハシ シュンゴ(漢字不明)

ペンネーム:HIMK

誕生日:8月9日

出身:東京都

職業:作詞家・音楽プロデューサー・歌手・作曲家

所属事務所:ソニーミュージックエンターテインメント

好きな野菜:セリ

好きな鳥の部位:セセリ

資格:江戸ソバリエ(江戸蕎麦に関するスペシャリスト※民間資格)

shungo.(シュンゴ)の経歴が凄い!

HIMとして歌手デビュー

男性ボーカルユニット「HIM」の3枚目シングル「AQUARIUS」から正式加入。

TBS系『ランク王国』のオープニングテーマに起用されました!

TRFのmasqueradeに似ているような・・・・

1995年にデビュー後、1997年にHIMは解散してしまいました。

そして2000年、男性R&BユニットSin(シン)のヴォーカルとして、デビューシングル「GUILTY/Mind A.L. -Air Line-」で再デビュー。

右側のタンクトップの男性が shungo.さんですね!

3枚のシングルをリリースしアルバム「Sin」をリリース後、本格的に作詞家としての活動を開始。

作詞の活動で次々にレコード大賞を受賞

w-inds(ウィンズ)

第44回・第45回・第47回・第49回・第51回に shungo.さんが作詞を手掛けた曲で、レコード大賞金賞や、最優秀作品賞を受賞しています。

谷村奈南(たにむらなな)

第50回レコード大賞最優秀作品賞を受賞。

DA PUNP

第60回レコード大賞優秀作品賞・特別賞を受賞

DA PUNPの「U.S.A」が記憶にあたらしいですね!

レコード大賞は第44回からほぼ毎回、何かしらの賞を受賞していることがうかがえます。

本当に凄い!

作詞を手掛けたアーティストまとめ

  • ・DA PUNP
  • ・w-inds
  • 石井 聖子
  • EnGene.
  • MEGUMI
  • FLAME
  • EARTH
  • 上戸 彩
  • 上原 奈美
  • HIM-egg
  • Crystal Kay
  • K
  • 島谷 ひとみ
  • 島袋 寛子(hiro)
  • SPEED
  • 谷村 奈南
  • 玉置 成美
  • 土岐 隼一
  • 中西 圭三
  • フェアリーズ
  • MAX

他にもたくさん作詞作曲を手掛けたアーティストがいますが、有名どころあげると上記のようになりました。

特にw-indsに関してはほぼshungo.さんが作詞をされています。

ボランティア活動が凄い

 

この投稿をInstagramで見る

 

shungo.さん(@shungo.lyricist)がシェアした投稿

東日本大震災の支援活動にとても力を入れていたそう。その間は音楽にかかわる仕事を一切休止し、支援活動に集中。

宮城県気仙沼市に居を移し、約2年3ヶ月移住し地域密着で支援活動を行っていました。

その後も台風や豪雨の被害が大きい場所には積極的にボランティアに向かって、精力的に活動を続けます。

自身が作詞を手掛けたアーティストによるチャリティーライブを開催し、集まった資金は寄付をする等、ボランティア活動にかなり力を入れてらっしゃいます。

Instagramの書き込みに、

「人の役に立たない仕事をしているから、人の役に立ちたくてボランティア活動をしている」

というような書き込みを見つけました。謙虚な方ですね!

確かに、作詞家というお仕事は目に見えて役に立っているか確認できるわけではないのでそう思うのも無理ないでしょうか。

ですが、歌は歌詞がないと歌にはなりませんし、歌詞は人の心を動かすことができますから、個人的には役に立ってないとは思わないですけどね!

ものすごくフットワークが軽くボランティアに行かれているので本当に尊敬します。

まとめ

DAPUNPのU.S.Aがダサかっこいい!と話題になったことで、 shungo.さん注目度もグググッとアップしましたね!

「カモン ベイビー アメリカ!」

一度聴いたら覚えてしまうこのフレーズ。

ピコ太郎やこのU.S.Aのように、超ストレートな英単語は誰もが真似しやすいですから、流行る理由がわかります。

現在はたくさんのアーティストから引っ張りだこでしょうから、U.S.Aを超えるヒット作を期待せずにはいられません!

ボランティア活動を積極的にされているとのことで、ご自身のお身体も大事にしてほしいとおもいます。

以上、shungo.(作詞家)の経歴が凄い!DAPUNPやw-inds.もでした。