人物

石川真佑(女子バレー日本代表)がカワイイ!兄は石川祐希で経歴がヤバイ

2019年ワールドカップバレーが始まりますが、今回はジャニーズWESTが盛り上げてくれるそうで、楽しみですね!

同じく楽しみなのが、初めて代表に選ばれた「石川真佑(いしかわまゆ)」選手

実は石川真佑選手の兄は、日本男子バレーのエース「石川祐希(いしかわゆうき)」選手です!

兄妹そろって日本代表入りとは、とても素晴らしいですよね!

そして兄妹そろってカワイイ!カッコイイ!ということでも話題に!

今回は兄・石川祐希選手に負けず注目の石川真佑選手の経歴と年齢や身長と出身校は?について調べてみました!

石川真佑(女子バレー)のプロフィール(年齢や身長と出身校)

名前:石川 真佑 (いしかわ まゆ)

生年月日:2000年5月14日

年齢:19歳 (2019年9月時点)

出身地:愛知県岡崎市

身長:172cm

出身中学:長野市立裾花中学校

出身高校:下北沢成徳高校

お父様は実業団の元陸上選手、お母様は実業団の元バスケットボール選手だったんだそうです。

姉と兄(石川祐希)の影響で、小学校3年の頃からバレーボールを始めました。

姉は現在はバレーの世界には入っていないようですが、兄は先ほどにも書いたように日本代表のエース、石川祐希選手。

石川真佑(女子バレー)の経歴は?

裾花中学校は全国大会で優勝するなど、バレーボールの名門中学校であり、石川真佑選手は1年生の頃からスタメンとして試合に出場。

その後は全国大会2回優勝、準優勝1回という記録を残します。

そして、長野県選抜で県対抗の大会では「最優秀選手」に選ばれました

出身高校である下北沢成徳高校は、木村沙織選手や荒木絵里香選手、大山加奈選手も卒業生である、バレーボール代表選手を多く輩出している高校です。

石川真佑選手は高校1年生の頃からレギュラーとして試合でプレイをし、2017年には全国大会優勝をはたしています。

高校を卒業後はVリーグに所属をする東レアローズに入団。

U20世界選手権で初優勝に貢献し、優勝したアジア選手権では最優秀選手賞などに輝きました

そしてこの度、2019年に日本女子バレー火の鳥ニッポンの代表入りをはたします

目標は「兄・石川祐希選手のように世界で活躍したい!」ということです。

兄・石川祐希選手のプロフィール

名前:石川 祐希(いしかわ ゆうき)

生年月日:1995年12月11日(23歳)※2019年9月

出身地:愛知県岡崎市

身長:191cm

体重:84kg

出身高校:星城高等学校

出身大学:中央大学(法学部政治学科)

石川祐希選手はお姉さんがバレーボールをやっていた影響で、小学校4年生からバレーボールを始めました。

高校バレーで2・3年時に3冠(総体・国体・春高優勝)に貢献、大学へ進学後、2014年に史上最年少となる18歳で日本代表初選出

セリエA全211選手の中で12番目という成績で世界トップレベルの選手となり、2019年龍神NIPPONのースとして活躍が期待されています。

まとめ

ツイッターのトレンドにもなった「石川真佑」選手。

兄の石川祐希選手はイケメンでカッコイイですし、妹の石川真佑選手は笑顔がとってもカワイイので、そいういった面でも本当に注目されています。

プレーに関しては日本、いや世界からも注目されること間違いなしの期待の選手!

火の鳥ニッポンで大活躍して、世界へ羽ばたいてほしいですね!

兄・石川祐希選手も同時に、兄妹の活躍から目が離せません!

ancoro
ancoro
日本!チャチャチャ!