人物

細川稀叶(ほそかわまき)のプロフや経歴と顔画像!経営会社がヤバい!

2020年2月25日に株式会社二リア・バニー社長で実業家の細川稀叶(ほそかわまき)さんと、陸上短距離選手の藤光謙司(ふじみつけんじ)選手との不倫が報じられました。

細川稀叶さんは千葉ロッテマリーンズに所属する現役のベテラン捕手、細川亨(ほそかわとおる)選手の妻ですが、どのような人物なのか、プロフィールや経歴など調べてみました。

細川稀叶(ほそかわまき)のプロフや経歴と顔画像!経営会社がヤバい!と題してさっそく本題へ。

細川稀叶(ほそかわまき)のプロフや経歴と顔画像!

顔画像

プロフィール

名前:細川 稀叶(ほそかわ まき)

本名:細川眞紀子(ほそかわ まきこ)

年齢:45歳 (2020年2月)

生年月日:1974年5月14日

出身地:大阪府茨木市

学歴:帝塚山学院大学

家族構成:夫・子ども2人(姉・弟)

細川稀叶さんの両親や親戚が起業家ということで、幼いころから起業家精神があったそうです(叔父:リクルート創始者 江副浩正。親戚:阪急創始者 小林一三ら)。

卒業大学である帝塚山学院大学(てづかやまがくいんだいがく)の偏差値は37~42。大学在学中はミスキャンパスに輝き、タレント活動を行っていたそうです。

夫は千葉ロッテマリーンズ所属する、細川亨(ほそかわとおる)選手。2002年に結婚し、現在高校生の娘さんと、中学生の息子の2人の子どもがいます。

株式会社二リア・バニーの社長で、以前から結婚や出産も経験してから起業しようという思いがあり、2007年に出産後に起業。著書「「将来有望」な子どもの育てかた」を出版するなどの実業家。

株式会社ニリア・バニー社長でありますが、藤光選手が経営する個人事務所の副社長も務めています。

経歴

2007年、株式会社ニリア・バニーを設立し、代表取締役社長を務める。

2008年、杉並区ひととき保育宮前・葛飾区アイキッズ認証保育園を開園。

2009年、一般社団法人日本こども育成協議会理事に就任。

2010年、スーパー学童「BunBu学院」中目黒校を開校。

2012年、一般社団法人国際リーダー教育研究所を設立。

2014年、品川区「BunBu学院Jr」認証保育園開園。

2015年、一般社団法人ウーマン・イノベーション協会設立代表理事就任。

2016年、ウーマンリアルネット株式会社取締役。

2017年、ドバイ DREX SYSTEM CO,.LLC代表取締役社長就任。著書に『「将来有望」な子どもの育て方 20年後を考えた子育て』(アスコム)

細川稀叶の経営するBunBu(ブンブ)学院とは?

「BunBu(ブンブ)」の意味は、将来の日本のリーダーを育成するような文武両道を目指すプログラムを用意しているということから、「文武(ぶんぶ)」を意味するものと思われます。

BunBu学院とは?

子どもたちが生きていくためのあらゆる経験を行うサバイバル教育と脳科学とのコラボレーションで脳育を合併させた教育法で、脳が構築される10歳までの教育=保育園と学童の一体化・一貫教育を目指しています。

日本人に足りないもの、日本人が失ってきているもの、世界から見た日本の評価、歴史の認識不足、親の見本、卓越した指導者、日本人としての誇り、思いっきり遊ぶ環境、自然から学ぶことなどを埋めるために、保護者が家族のため国のために一生懸命働いている間に、少しでもその時間を有意義に活用できるような環境を提供。

将来の日本のリーダーを育成するような文武両道を目指すプログラムを用意しており、フラッシュ暗算の考案者や、柔道は金メダリストの古賀稔彦先生、体操も金メダリストの中野大輔先生などプロフェッショナルの先生に教えていただき、自分に合うものを見つけることができます。

BunBu学院は、手ぶら保育を実施しており、オムツやミルクはもちろん、体操服も園で用意!

お迎えが遅くなる場合は夕食の提供も可能で、満1歳以上は最大20:15までのお預かりが可能という、仕事で忙しいパパやママにとってはとても助かる内容が盛りだくさん。

しかし、料金はヤバいです。

学童+塾コース週1回1科目で25,000円からとなっているため、週5日での単純計算では125,000円ほどということ。

かなりお高いですが、6年先まで予約がとれないといわれているほど人気があります。

不倫疑惑で会社がヤバい?

細川稀叶さんの経営する会社は子どもの教育に関する事業の為、不倫報道が出てしまったことにより、批判が殺到。

何よりも子どもが可哀そうだ
「将来有望」な子どもの育て方って、不倫してる人には無理そう

企業情報

社名:株式会社 ニリア バニー
代表者名:代表取締役 細川眞紀子
本社: 東京都目黒区青葉台1-27-3 SFビル2F
連絡先:TEL:03-6303-0366 FAX:03-6303-0367
設立:2007年6月
事業内容:保育園運営、アフタースクール・プレスクール運営

BunBu学院の口コミ評判は?

手ぶらで登園をうたっているだけあって、オムツのよういや、お着替えもいらなくてらくですし、知育、体操、空手、英語も教えてもらえます。給食も毎日サンプルを実際に食べたものを見ることができ、Facebookでも一日の様子が伺え、安心して預けられます。
荷物が少なくとても楽できる保育園です。
オムツも保育園で用意してくれるので保護者は用意する手間がないのが嬉しい
荷物が少ないのが助かる。習い事をしなくてもいいのでかなり楽