人物

大亀あすか(声優)の出身高校や大学と経歴は?旦那は岡本信彦で馴れ初めも

『ときめきメモリアル4』のメインヒロインの星川真希役等を演じている人気声優の「大亀あすか(おおがめあすか)」さん。

2014年からはプロ雀士としても活動されており、声優からプロ雀士という驚きの転身をされています。

ここでは大亀あすか(声優)の出身高校や大学と経歴は?旦那は岡本信彦で馴れ初めもと題して、大亀あすかさんのプロフィールについてしらべてみました。

大亀あすか(声優)の出身高校や大学と経歴は?現在はプロ雀士!

プロフィール

名前    大亀 あすか(おおがめ あすか)

愛称    かめちゃん

生年月日  1987年12月18日

年齢    32歳(2020年3月現在)

身長    142㎝

出生地   広島県

血液型   A型

好きな食べ物 ハマチ

趣味    麻雀

高校    広島桜ケ丘高等学校

大学    総合学園ヒューマンアカデミー

所属事務所 シグマ・セブン

高校について、確実ではありませんが広島県広島市にある「広島桜ケ丘高等学校」と言われています。

広島桜ケ丘高等学校の偏差値は40ほど。

高校在学中は、生徒会の初期を務めるなど、学年の中心的な存在だったそうです。

高校を卒業後は声優を目指し「総合学園ヒューマンアカデミー」に入学。声優を目指したきっかけは、声優が出演する舞台を見たときに、新鮮さと魅力を感じ、声優という職業の多様性を知ったからということです。

2014年からはプロ雀士としても活動されていますが、麻雀アニメに出演したことがきっかけとなり、のめりこんでいったそうです。

そのアニメとは「咲-Saki-」というアニメで、大亀あすかさんは鶴田姫子役、ギバード桜子役を担当されていました。

経歴

2007年、第2回シグマ・セブン公開オーディションに合格。

2009年に『鋼殻のレギオス』でメイシェン・トリンデン役を演じ声優デビューを果たすと、アニメやゲームの声優やラジオ番組に次々と出演されます。

経済産業省主催で行われた「たんすケータイあつめタイ\(^o^)/」のテーマソングや、『電波女と青春男』では「エリオをかまってちゃん」名義でオープニングテーマを担当される等、音楽活動も積極的に行っています。

2014年10月にプロ雀士の試験に合格し、日本プロ麻雀連盟所属の女流プロ雀士として活動を開始。麻雀格闘倶楽部ZEROにプロ雀士として登場しています。

キャッチフレーズは「2.5次元の雀姫」

大亀あすか(声優)の旦那は岡本信彦(おかもとのぶひこ)で馴れ初めも調査

大亀あすかさんはプライベートと仕事を分けているということで、これまで結婚については公表されていませんでしたが、2020年3月に文春によって結婚していることが判明しました。

そのお相手は、同じく声優の「岡本信彦(おかもとのぶひこ)」さん。

岡本信彦のプロフィール

名前:岡本信彦(おかもとのぶひこ)

生年月日:1986年10月24日

年齢:33歳(2020年3月)

出身地:東京都

身長:168㎝

所属事務所:プロフィット

『SLAM DUNK』、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』などのアニメが好きだったことや、母親が朗読のボランティアをしていたことから声優を目指すきっかけとなったそうです。

大学受験を控えた頃にプロ・フィット声優養成所に入所しましたが、その学費は実費の為、セブンイレブン、警備員、マクドナルド、郵便局などでアルバイトをしていたとう努力家。

2009年第3回声優アワードにて新人男優賞を受賞し、同年に大学を卒業。その後、2011年第5回声優アワードにて助演男優賞を受賞しました。

馴れ初めは?

大亀あすかさんと岡本信彦さんは鋼殻のレギオスというアニメで共演されていました。

ファンの間ではこれがきっかけとなり、交際に発展し結婚されたのではないかとの噂です。