人物

佐藤バラン伊里(佐藤芹香)の学歴・顔画像!旦那(夫)や子どもは?ジェネシスヘルスケア代表で経歴がヤバい!

楽天が法人向けに販売し話題となっている新型コロナウイルスのPCR検査キットの開発・製造をする「ジェネシスヘルスケア」の代表を務める「佐藤バラン伊里」さんは「佐藤芹香」さんという名前でも活動されていたようです。

ここでは佐藤バラン伊里(佐藤芹香)さんの顔画像とプロフィール、夫(旦那)や子どもについて、そして経歴を調べてみました。

佐藤バラン伊里(佐藤芹香)の顔画像とプロフィール!

プロフィール

名前:佐藤バラン伊里:佐藤芹香(さとうせりか)

生年月日:1969年生

学歴:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学部修士(MBA)、同大学大学院博士後期課程(PhD)修了。

旦那(夫):David Baran(ディビット・バラン)

佐藤バラン伊里さんのご主人は資産家でお子さんは3人いらっしゃるようです。性別に関しては不明ですが、うち1人のお子さんが米国で自閉症と診断されているとのこと。

そのため佐藤バラン伊里さんは高機能自閉症の子供の病気を改善したいという願いから、ご夫婦でジェネシスヘルスケア株式会社を創業。

ご主人が取締役会長を務めており、佐藤バラン伊里さんは代表取締役を務めています。

ジェネシスヘルスケア株式会社

日本における遺伝子検査キット販売の先駆者で、主に個人向けの遺伝子検査キットを販売する他にも、医療業者向けの生活習慣リスク判定サービス、法人向けの遺伝子検査サービスを展開。また、DNA保存サービス「DNA Banking」のサービスを提供し、災害などの不幸における身元確認などに利用したり、子孫のためにDNAを残し、適切な治療法を受けるための手助けをする仕組みを提供。

 経歴

1991年、米国コーネル大学政治学部および医学部を卒業(21歳)。米国で肥満遺伝子のタイプに基づいた心臓病の治療・予防を研究。

※コーネル大学はアイビー・リーグを構成する米国の大学である。全米屈指の名門校

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学部修士(MBA)、同大学大学院博士後期課程(PhD)修了。

2000年からUBSキャピタル(プライベートエクイティ)部門の在日責任者を務める。

2004年3月、日本ウェイトマネージメント(現・ジェネシスヘルスケア株式会社)を設立し、本人特有の肥満遺伝子の研究結果に基づく健康増進・減量プログラムを、企業や個人に提供。

2005年には著書「遺伝子型ダイエット」を出版し、美容が気になる女性タレントから絶大な人気に。話題となり、人気テレビ番組「世界一受けたい授業」や「はなまるマーケット」にも出演されました。

佐藤バラン伊里(佐藤芹香)の経歴がヤバい?医師免許が無いって本当?

佐藤バラン伊里さんは、小5と高1で飛び級をし、15歳で私は大学生になったそうです。コーネルの政治学部と医学部を91年に卒業し、医師でありながら遺伝学の学者として活動されており、現役の心臓外科医としてコーネル大の附属病院で、年間多いときで300件くらい手術しているとのこと。そして日本では東京大学で非常勤講師を務めているそうです。

医師免許の有無について某誌の取材で佐藤バラン伊里さんは

アメリカは医学部を卒業したら、全員医者になれるんです。日本のような国家試験はありません。

上記のように話されています。

調べてみたところアメリカで医師免許を取得する場合は、メディカルスクール修了後に「USMLE」というアメリカの医師国家試験に合格することが必須。USMLEはStep1~3まであり、全てに合格しないと医師免許を取得できないということです。

経歴についてネットの反応は?